デラックスウエア トップ
デラックスウエアアの拘り

在りし日の先人の創意から生み出され、
それを日々労働の中で履き込んだ人々によって歴史を作ってきたデニム。

デラックスウエアは歴史を辿り、アメリカの風土条件から
当時の資材・生産背景まで詳細に研究。
生地製法、糊、糸、ミシン、縫製、作り...
一つ一つの工程を積み上げることで生まれる表情。

そして履き込んだ後の風合いを求めて、細部に至るまですべてに拘り
理想を追求したデニムである。







デニム好きなら誰もが知る旧式シャトル織機、別名「旧式力織機(きゅうしきりきしょっき)」。木製シャトル内部に巻糸を抱え、左右に力強く走らせて織上げる低速織機である。それは、量産性を追い求める現代の波にのまれ数多く機体を消した…

現在岡山県を中心に現存する、言わば手織りを機械的に変えただけのこの旧式力織機は、自然に生み出される凹凸やムラ感といった「特有の質感」と生地端に「耳」という特徴が得られることから拘りのデニムとして価値付けられている。

我々デラックスウエアの挑戦は特殊資材(織糸)も然ることながら、この旧式力織機をデニム企画における通常設備として用い、独自の「創作デニム素材」を創り出すため如何にこの設備を使いこなすか、見合う様に手を加えられるかという取り組みにある。


品番 DX076A [14.3oz]
日本人体型にフィットする、テーパードの少ないやや細身のスタイリッシュストレート
アイテム詳細へ
DX056A [14.0oz]
モデル中もっとも馴染みが深い弱テーパードの スタンダードレギュラーストレート
アイテム詳細へ
DX066B [13.6oz]
ヴィンテージを彷彿とさせるテーパードの少ないヴィンテージストレート
アイテム詳細へ
DX066A [13.6oz]
ヴィンテージを彷彿とさせるテーパードの少ないやや太みのヴィンテージストレート
(廃盤予定)
着用シルエット
シルエット








■Lot / DX076A ...ORIGINAL JUST STRAIGHT
■上代:¥21,800 税抜
■SIZE:28/29/30/31/32/33/34/36/38
■BODY COLOR:INDIGO


□ COTTON100%
□ 旧式力織機
□ オリジナルデニム 14.3オンス
□ インディゴロープ染色&レギュラー糊
□ 落ち綿 空紡糸
□ ファインウォッシュ(特殊ワンウォッシュ)
□ 1920~60s UNION SPECIAL / SINGER
□ ORIGINAL PARTS&MATERIAL
□ 生地産元:岡山県岡山
□ 製造地域:秋田県大館

およそ1940年、世界を揺るがした第二次世界大戦が起こらなければ・・・この時、産業の圧迫は各種資材・原料の制限、徴兵や軍事における人材提供など、全ての事項は軍事政策が第一優先であった。
もし仮に第二次世界大戦が勃発しなければ、ジーンズのモノ創りが統制を受けることなく進行していたらどの様な変化を遂げていたのだろう。おそらくデニムはより濃くそして厚く、スタイルは時代を察しスタイリッシュに進化を遂げるも存在価値であるワークウエア要素を残したはずだ。 このモデルはそんな仮説を前提に職人達の手によって生れた想定ジーンズである。


工業用ムラデニム
ジーンズの出生からこれまでの歴史を追い、経緯や流通背景そして製造者のプライドまで仮説にて想定し、オリジナルで製作した、14.3オンスというモデル中最も厚い工業用ムラデニム。濃インディゴによるロープ染色と落ち綿など様々な綿繊維を組み合わせた織糸によって、ムラ感ある濃淡鮮明な色落ちや経年変化を楽しめる。

DETAIL
(1)バックスタイルの顔とも言えるオリジナル革パッチはガーメントチケットデザイン。(2)デラックスウエアのデニムを象徴する通称イーグルステッチ。一番上のステッチのみ色が異なる、変形ステッチ。さらにモデル毎に異なる形状と糸色に注目。(3)オリジナルボタン及び各種リベット。すべてのリベットは生地に最初にポンチで穴あけをし、丁寧な表情と強度を作る。(4)コインポケットステッチ。縫い始めと終わりはウエスト帯に収納される。ミシン設備に多彩な機能がなかった当時は工夫によって理に適った糸道を作る。詳細な分析によって、当デニムにもその理念は継承される。


経年変化イメージ








■Lot / DX056A ...1950s STANDARD STRAIGHT
■上代:¥25,800 税抜
■SIZE:28/29/30/31/32/33/34/36/38
■BODY COLOR:COAL INDIGO


□ COTTON100%
□ 旧式織機
□オリジナルデニム 14オンス
□ アメリカメンフィス産コットン
□ 炭インディゴロープ染色
□ ダブルでんぷん糊
□ ファインウォッシュ(特殊ワンウォッシュ)
□ 1920~60s UNION SPECIAL / SINGER
□ ORIGINAL PARTS&MATERIAL
□ 生地産元:岡山県井原
□ 製造地域:秋田県大館

1950 年代、アメリカの工業化過程においてコール( 石炭) から石油に動力源が変化する中、コールにより染められたデニムはこの時代を象徴する色となった。度重なる試行錯誤の末、インディゴ染料に油煙炭を加えることで"コールインディゴデニム"として現代に再現。国内唯一となるこのコールデニムは永い着用によってもハリ・コシ感が継続する硬質な質感、「酸化による変化」という素材の特殊機能を備える。1950 年頃に見られた弱テーパードスタンダードを日本人にフィットする形状に仕上げた、ヴィンテージデニムの世界観を体感しながらも新たな着こなしの可能性と感覚を広げてくれる1本として提案する。

コールインディゴデニム
1950年代当時のアメリカの時代背景を研究。アメリカ産メンフィスコットンの粗さとムラ感、さらにコールインディゴに辿り着く。オリジナルのインディゴに油煙炭を配合した染料は、炭素材と混合比率、そして求める色と変化に長い試行錯誤を繰り返す。油煙炭による「酸化」という特殊な工程を経るこのデニムは着込むほどに個体差が大きく生じる"育てるデニム"として完成した。

DETAIL
(1)バックスタイルの顔、革パッチ。シンプルなデザインがデラックスウエアオリジナリティーを主張する。(2)デラックスウエアのデニムを象徴する通称イーグルステッチ。一番上のステッチのみ色が異なる変形ステッチとモデル毎に異なる形状と糸色に注目。(3)縫製は多種の糸番手と色糸を使い分ける。その分手間が掛かるが、箇所に合わせ着用時の加重や動きを考慮した縫製仕様。色糸は最終の表情にも大きく影響する。帯上のVステッチがボタン下に入る位置で終わるのは返し縫いをしないヴィンテージ同様の仕様。(4)ベルトループは盛り上がりを中心に作ることで擦れによる糸切れを防ぐ。


経年変化イメージ








■Lot/ DX066B ...1940s ORIGINAL PIPED STRAIGHT
■上代:¥23,800税抜
■SIZE:28/29/30/31/32/33/34/36/38
■BODY COLOR:INDIGO

□ COTTON100%
□ 旧式織機
□ オリジナルヒートデニム 13.6オンス
□ インディゴロープ染色&でんぷん糊
□ アメリカメンフィス産コットン
□ ファインウォッシュ(特殊ワンウォッシュ)
□ 1920~60s UNION SPECIAL / SINGER
□ ORIGINAL PARTS&MATERIAL
□ 生地産元:岡山県井原
□ 製造地域:秋田県大館

1940 年以前。必要に駆られ、たとえ仕事服だろうとモノ創りに徹した時代と伺える。選別された綿花産地と豊富な農作物から生まれる天然資材、縫製個所ごとに使用指定されていたミシン設備と資材設備、そして現地ならではの気候。全てが必然かつ偶発的奇跡として融合し、強靭且つ美しいブルーが数世紀に渡り支持される要因を生み出したのである。このLot:DX066Bは当時と現代で大きく異なる時代と環境を様々な試行錯誤のうえ、全ての要因を現代に実現した歴史の再現デニムである。
オリジナルヒートデニム
当時の綿花の産地、綿繊維形状を分析、当時の未発達の紡績技術をも再現し、アメリカメンフィス産コットンから不均一なムラ糸を作り上げた。さらに当時生地を織った後に屋外に放置していた形跡を発見、気候と太陽光で生地が焼けていたことが想定された。現代においてその環境を再現すべく生地をオーブンで焼くという独自の手法を開発。ヴィンテージデニム特有の乾いたような質感をリアルに再現した。

DETAIL
(1)バックスタイルの顔、革パッチ。オールド感漂うワークデザイン。(2)デラックスウエアのデニムを象徴する通称イーグルステッチ。一番上のステッチのみ色が異なる変形ステッチとモデル毎に異なる形状と糸色に注目。(3)通称"尻巻き"。デニムはワークウエアとして動きやすさを考え腰ヨークを携えるが、最終計16枚の生地を巻き縫いする。その巻きは特別なミシン設備と人の手技のみが可能にする。(4)旧式織機によるセルビッチ(みみ)。当時のアメリカ同様に熟練の職人によって織り上げられるデニムは自然な凸凹とムラ感、丈夫さと長く着込んだ後のデニムならではの顔を作る。


経年変化イメージ





-デラックスウエア拘りの職人ワンウォッシュ-

古くからヴィンテージデニム(俗に生デニム)は、製造工程時の移色防止・織糸補強から必ず「糊」を用いる。その為、最初の洗濯乾燥時には大きく糊が落ち生地密度が詰まることで縮みが発生するうえ、その洗濯作法も多種多様ないわれを持つ。
「ファインウォッシュ」とは、浴比(1本当たりの水量)を増やした水通し糊落としと、手作業による天日干し、1本毎に丁寧に作業する職人アイロンプレスにより仕上げるデラックスウエア拘りのワンウォッシュ(1回洗い)である。リジット(生デニム)の雰囲気を楽しみながらその場でベストなフィッティング及び裾上げが可能となっている。







Copyrights(C) 2017 DELUXEWARE.CO Allrights Reserved