デラックスウエア
デラックスウエアアの拘り







企画開発を職人達と遂行する



最新設備が一世を風靡し、早く正確にそして安価に製造出来るメリットから事業拡大を夢見て日本の産地は古い設備を廃棄し職人からシステムへ以降した。当初は、コストパフォーマンスの恩恵に市場は手を挙げて歓迎したが、個性の時代になった現代は旧式設備による風合いを求める至高顧客が老若男女問わず増え出した。ところが、思わぬ市場転換と製造の国外流出の流れから現代の需要と距離が開いてしまった産地は多い。
時代の波に負けず、必死に守り抜いた旧式設備と人的技術を日本全国探し当てモノ創りを始めた2005年。今では、デラックスウエアのモノ創りに共有共感を持って取り組んでくれる職人と工場が本当に増えたと実感する。これから私達だからこそのモノ創りが始まる。









農作物同様に、日本全国に産地が存在する。古くから生業として営み、積み重ねた経験と技術は残念ながら現代に遺憾なく発揮する場は少なくなってきている。

一世紀前の織機や編機、または付随する設備。人的技術に付随するそれらの機械的設備は残り少ないが、生み出される素材や表情には現代技術では再現不可なモノも多く含まれる。







システムが職人技術に勝るまでどの位の時間を必要とするだろう。例えば、染料濃淡を表現する手捺染プリント、裏当布を使用しない刺繍、ヤレた表情を精密に掘りあげる彫刻、その日の気温と湿度で変わる染色など、挙げればきりがないほどにプログラムに落とし込めない技がある。

同じものをより早く、より多く、そしてより安価に製造することを良しとした時代を経過し、創り込まれた作品を求め品質回帰を始めた現代。しかしながら、これまで失った時間は戻ってくることはなく、需要と製造レベルの差は広がりを見せる中、ここにその職人・技術が集結していることに感謝する。





モノ創りにおけるパーツをわざわざ製造する。日本を見渡すと、当り前にパーツは入手出来るうえ安価なものも多いが、デラックスウエアでは数ミリ程度のパーツ創りに本気で取り組む。それはこの先100年も存在し後世に存在する商品であり続けるための願いから。

アメリカ住宅のように、綺麗に時を重ね味わい深い物件ほど高価になるように、どんな環境であろうと綺麗に価値を重ねるため開発は不可欠である。拘りの開発は、この先を考慮したモノ創りだからこそ徹底したい。














Copyrights(C) DELUXEWARE&CO Allrights Reserved